パソコンで作業をしている際に画面の明るさを簡単に調整できないかなと思った経験が誰にでもあると思います。今回はキーボードを使ってパソコン画面の明るさを変更する方法について調べて記事にまとめてみました。気になる方はぜひ記事に目を通してみてください。 iPadでは、バッテリー駆動時間を延ばすために画面を暗くしたり、ダークモードを設定したり、Night Shiftを使ったり、周囲の明るさに応じて画面を自動調整したりすることができます。

iPhoneでは、バッテリー駆動時間を延ばすために画面を暗くしたり、Night Shiftを使ったり、ダークモードを設定したり、周囲の明るさに応じて画面を自動調整したりすることができます。 iPhone X 以降、または iOS 12 や iPadOS を搭載した iPad では、画面の右上隅から下にスワイプします。iPhone 8 以前または iPod touch では、画面の下から上にスワイプします。 明るさ調節のバー を上下にドラッグして、明るさを調節します。 iOS 13から標準アプリとなった「ショートカット」。本記事では、概要から使い方、ショートカットの作成やカスタマイズ方法、iOS13.1から搭載されたオートメーションの作成方法まで、実際に使えるショートカットを例に解説する。

ios12から導入されたアプリ「ショートカット」を使って、ワンタッチで画面の明るさを変更する方法と、明るさ変更を使った「おやすみ前」のおすすめショートカットの作成事例をまとめました。 ★注目情報★ 最新のiPhoneXS・・・

iPhoneやiPadは周りの明るさに合わせて、画面の明るさを自動的に調整してくれます。 でも勝手に明るさが変わるのは便利なときもありますが、不便なときもあります。そこでこの記事では、この「画面の明るさの自動調整」をオフにする方法を紹介します。 ※追記: 不適切な表現がありましたので記事を訂正致しました。ご迷惑をおかけした皆様、誠に申し訳ございません。 こんにちは、momozowです。 iPadの画面のスリープ時間を延ばす手順. Androidの「設定」アプリでは、ネットワークや通知、セキュリティやアカウントなど、実に様々な調整項目が用意されていますが、使い方によって頻繁にアクセスするページに偏りが出る場合が多いです。例えばWi-Fiのネットワーク名(SSID)を設 設定>画面表示と明るさをタップして、画面表示と明るさの設定を開きます。 自動ロックの時間が2分になっているでしょう。設定を変更するには自動ロックをタップします。 自動ロック画面が出ます。 明るさを手動で変更する方法も合わせてご覧ください。 iPhone/iPad - 画面の明るさを変更(調節)する方法; 自動調節をオフにするとバッテリー駆動時間に影響する場合があるので注意しましょう。 iPhone/iPad - 画面の明るさを自動調節(オン/オフ) Windows 10のディスプレイの明るさは標準では100%で設定されています。パソコンを外に持ち出してバッテリーで稼働させる際や、目が疲れるような場合には明るさを調整してみましょう。ここでは2つの方法を説明します。 「設定」からの方法 iPad(iPad Pro/Air/mini)の画面の明るさを変更します。iPadの画面の明るさは任意に変更する事ができるほか、明るさの自動調節機能を有効にすることで、周辺の明るさに合わせて画面の明るさを自動的に調節することができます。 iPadを純正キーボードと連携させ、「⌘」キーを押すと、開いているアプリで使えるショートカットキーが表示される。このショートカットを使いこなすことで、iPadでの作業が何倍も効率化できるだろう。とくに便利なものをいくつか紹介する。