外構の設備は地震や強風の影響を直に受けるため、基礎に通常時以上の負荷をかける高さの追加は推奨されていません。

フェンスやブロック塀の高さ追加は危険. ブロックの厚さは塀の高さが、2.0m以下の場合は12cm以上、2.0mを超える場合は15cm以上です。(下表:ブロック厚さと塀高さ参照) ※当工業会では、鉄筋のかぶり厚さや施工性を考慮し、学会規準と同じ12cm、15cm厚のブロックを推奨しています。 詳しくはこちら

ブロック積みの単価・価格・値段は1㎡約1万円〜です。1段・2段・1mなど高さと幅、塀・土留めなどの目的、天端・モルタルなど仕上げや基礎工事でも単価が変わります。ブロック積み・塀の施行・工事価格の目安を把握し、信頼できる業者に見積もり依頼しましょう。 高すぎるブロック塀は、侵入されやすい!? ここ数年における犯罪の増加と多様化によって、日本国内でも防犯意識の高まりが顕著に現れるようになりました。ここでは、エクステリアを基点に「防犯」を考えてみましょう。

ブロックの高さや前面に合わせて基準の糸(水糸)を張っておくと、きれいに揃えることができます。 ブロックとブロックの間は、目地として10mmの間隔をとっておき、隣り合うブロック同士のジョイント部分にはすべてモルタルを入れます。

コンクリートブロックの建設に関しては、かなり細かいルールが設定されています。 壁の高さは2.2メートル以下、壁の厚さは高さ2メートル以上の場合10センチメートル以上。基礎は35センチメートル以上。 コンクリートブロックの建設に関する安全基準とは. 化粧ブロックとは、通常のブロックとは異なり、加工されている物のこと。高さ1mぐらいならば、20,000円程度が費用相場になるでしょう。ブロックの擁壁を建てるために、土を掘ったり、目に見えない部分の基礎工事、その他諸経費も掛かります。 4.3. ブロック積みを行う際は、工事を依頼する外構専門業者(エクステリア業者)に規模と予算に合わせて設計を見直してもらうように相談すると良いです。 なお、建築基準法では、コンクリートブロック塀の最大施工高さは2.2m以下と規定されています。 なお、仕上がりの高さがバラバラの場合が時々あります。 外構工事の際にこちらで直すますが、低めに設置しておくと後で上げることができます。 しかし、上水道のボックスや桝など高い場合は下げることができませんので、この高さの点もご注意下さい。