WindowsのProバージョンには、別のパソコン(クライアント)から操作出来る「リモートデスクトップ」のサーバ(ホスト)になる機能があります。ホスト側ではユーザアカウントにパスワードを設定しておかなければいけませんが、パスワード無しの場合 家庭内LAN内にあるwindows10pro2台(パソコンAとB)で、リモートデスクトップ接続を行いたい。パソコンBでリモートデスクトップ検索を開いて、資格情報を入力する。このとき接続先マシンのパスワードを入力しますが、この パスワードは、つぎのどちらのパスワードを入力しますか? Windows 仮想マシン (VM) に接続できない場合は、ご自分のローカル管理者パスワードをリセットすることも、(Windows ドメイン コントローラーでサポートされていない) リモート デスクトップ サービスの構成をリセットすることもできます。 Windows10 では接続先の入力なしでリモートデスクトップ接続することができます。通常は、リモートデスクトップを使用するたびに、毎回リモートデスクトップのアイコンをクリックし、接続先を入力して接続するのはとても手間がかかります。そんなと 今回は、Windows10でリモートデスクトップ接続を有効にする方法を紹介します。 リモートデスクトップ接続でアクセスするためには、ユーザーにアカウントが設定されている必要があります。 パスワード設定に関しては、以下の記事を参考にしてください。

リモート デスクトップが 「 接続できない 」 要因として以下の項目が考えられます。 それぞれの項目を順に確認し、通信改善を試してください。 Windows 標準の「リモートデスクトップ」の接続先(=接続される側・ホスト)にはなれないシステム環境である