過去問は20年分解くのが良いって本当?秋になり、中学受験も学校説明会の季節になりました。小6の受験生の方は、いよいよ志望校を決定し、願書をもらう時期ではないでしょうか。さて志望校を決定したお子さんに対して、この時期、塾によっては、さっそく志 中学受験の面接での合否や受け答え 適切な服装(子 … 中学受験の過去問は初めからいい点が取れない. しかしたいていの生徒は、12月の段階で志望中学の過去問が解けないことが多い。 難しい学校になればなるほど、要求されるレベルが高くて、時間がかかる難問も混ざっていたりするので、そう簡単には合格点にたどり着けないわけだ。 中学受験の基本は当たり前ですが基礎学力がどれだけ固まっているかです。過去問はその前提の上で、問題との相性をはかるべきものであって、過去問そのものをやってるだけで対策になるほど中学受験は甘くないという事です。 過去問は5年分程度しかありません。バックナンバーを合わせても10年分が使える過去問でしょう。 それを無駄に使ってはいけません。 1つめで撃沈したら、まずやるべきことは「過去問の解き方」を学ぶことです。 「よーし!次こそは! 塾のテキストだけで勉強するには解説が足りないから参考書が欲しい 練習問題をもっと解きたい 古い過去問が欲しいというときがあります。しかし、参考書や過去問などは1冊それなりの金額がしますので、欲しい全部買うとなると躊躇してしまいます。 中学受験を控えた6年10月になると、避けては通れないのが「過去問」です。過去に出された入試問題を解くと、形式や時間配分に慣れたり、今後の弱点補強に役立ったりし… 私のお友達も結構勘違いされているのですが、たとえ模試で偏差値60あるからって志望校の過去問が必ず合格最低点に届くかということはありません。 もし過去問が十分できていないとしても塾に行っている間に設問ごとの難しい問題は必ず勉強しています。 ... 2019年11月14日 目安時間 14分.