高校入試で出題される英作文問題には、自由英作文と条件英作文の2種類の問題があります。自由英作文の問題は、与えられたテーマに対して、自由に自分の考えや意見を英文で解答するものです。一方、条件英作文の問題は、問題文で指定された解答形式に従って解答するものです。 2020年度福岡県公立入試「英語大問5番(英作文)」予想問題と対策について記述しています。近年、福岡県公立入試の英作文は、難化傾向にあります。条件の設定が多く、字数が多くなっているのが特徴です。昨年の問題を例に、その対策と予想をみていきまし 2019年の公立高校過去問から ハイレベル自由英作文にチャレンジしていきましょう! 埼玉県 学校選択問題 次の information literacy skills (情報リテラシー: 自分が必要とする情報を見きわめて入手し、活用する力) についての英文を読んで、 2012年度、埼玉県公立高校入試用に英語のプリントを配布しました。英語の入試問題ラストに毎年ありますね。テーマがあって、自作の英文を5文以上書きなさいという問題が。その問題で使える、英作文のネタです。それでは、使える英作文ネタ、best10です。 「学校選択問題」を象徴する設問(英語編) 続いて英語ですが,新形式の英作文を紹介しないわけにはいきません。 大問4 次の英文を読んで,あなたの考えを,〔条件〕に従って40語以上50語程度の英語で書きなさい。(10点) Some people say that students