食中毒って夏に起こりやすいと思っていませんか? しかし、実は 食中毒の患者数が激増するのは「冬」です。 8月から10月は細菌による食中毒の多い時期です。生モノの摂取など、気を付けていたつもりでもかかってしまった場合にはどのように対処したらよいのでしょうか。ごく一般的な食中毒の治療方法について、消火器病専門医が解説します。 食中毒にご用心~夏場の食中毒対策~(6月) 6月に入りました。暑くてじめじめとした時期は「食中毒」に注意しましょう。 食中毒は冬場に多く見られるノロウィルスなどの「ウィルス性食中毒」と夏場に多く見られる「細菌性食中毒」などがあります。 食中毒対策になる食材リスト. 平成25年07月01日 夏の食中毒にご用心! 梅雨から夏に増える食中毒. 夏の時期の食中毒対策になる食材となりますと ・わさび ・酢 ・生姜 ・大葉 ・梅干し . 夏の暑い季節になってくると、食品には気を付けなければいけませんね。みなさんが注意をしていても、6月~10月にかけては食中毒のピークになっています。冬の食中毒はノロウイルスによるものがほとんどですが、夏の食中毒はさまざまな「細菌」が原因です。 食中毒があんなにツライとは思わなかった…_| ̄| もう一生なりたくない。 — ゆーちゃん (@yuuutan1102) 2016年4月11日 . 食中毒の原因には細菌やウイルスがありますが、梅雨時から9月頃までは高温多湿な状態が続き、細菌がもたらす食中毒が多く発生します。 食中毒の発生状況. と、このあたりでしょうか。 特にわさびの殺菌効果は相当なものなので おすすめしたいですね。 料理に和えて使うのもいいですけど