17)参照) ・規定違反に対する直接の罰則規定 (消防法罰則一覧(危険物施設)(p. 28)参照) (2) 違反処理基準による違反の分類

(1) 罰則の性格による分類 ・命令違反を前提とする罰則規定 (命令要件一覧(p. 消防法(しょうぼうほう、昭和23年法律第186号)は、「火災を予防し、警戒し及び鎮圧し、国民の生命、身体及び財産を火災から保護するとともに、火災又は地震等の災害に因る被害を軽減し、もつて安寧秩序を保持し、社会公共の福祉の増進に資すること」(1条)を目的とする法律である。 1.

定期報告制度は、建築基準法の第12条に定められた制度です。 第1項又は第3項というのは、建築物と昇降機、建築設備について『定期に、一級建築士若しくは二級建築士又は国土交通大臣が定める資格を有する者に調査(検査)をさせて、その結果を特定行政庁に報告しなければな 第9章 - 罰則(第38条〜第46条の5) 別表 - 第1(第2条、第10条、第11条の4関係)、第2(第21条の46関係)、第3(第21条の46関係) 燃料流通と消防法. 消防法10条1項違反ですので… 同法41条1項3号により、1年以下の懲役又は100万円以下の罰金。 情状によってはその両方が科されます。(同法41条2項) 法人(会社)には、両罰規定(同法45条2号)により、 ①火災を発見した者は、遅滞なくこれを消防署又は市町村長の指定した場所に通報しなければならない。 12条点検について (1)法的な位置づけ 建築基準法第8条(維持保全)に『建築物の 所有者、施設管理者又は占有者は、その 建築物の敷地、構造及び建築設備を常時 適法な状態に維持するように努めなければ ならない。』とあり、その点検の義務を建築 消防法第24条に火災を発見した場合の措置が記載されているので紹介します。 消防法第24条. 消防法における公表の対象となる違反の条文の抜粋 消防法[昭和23 年7月24 日法律第186 号] 第1章 総 則 (省略) 第2章 火災の予防 〔防火管理者〕 第8条 学校,病院,工場,事業場,興行場,百貨店(これに準ずるものとして政令で定める大規模な小売 消防法第8条により共同住宅における共有部の管理について権原を有する者(管理権原者=理事長 )は、 火災、地震等から自分達の共同住宅を守るために、 防火管理者を定めて、消防計画を作成させ、自衛消防組織 (※下記注) を設置し、防火管理業務を行わなければなりません。

第36条 第18条第2項、第22条及び第24条乃至第29条の規定は、水災その他の災害に関してこれを準用する。 第37条 特別区の存する区域においては、この法律中市町村、市町村長又は市町村条例とあるのは、夫々これを都、都知事又は都条例と読み替えるものとする。

・消防用設備の点検等(工事及び整備は含まず) ・火気使用に関する監督 ・防火管理上必要な業務 防火管理者を定めなかった場合の罰則 6月以下の懲役又は50万円以下の罰金(消防法42条)。 ☞消防法における罰則規定一覧 (2010.3) 消防法は、石油類などの物流統制のために用いられることもある。 -1- 消防法 昭和23年 7月24日法律第186号 最終改正 平成27年9月11日法律第 66号 (防炎性能等) 第8条の3 高層建築物若しくは地下街又は劇場、キャバレ-、旅館、病院その他の政令で定める防火