2019/12/20. 障害者手帳では障害種別と等級の他に、主にjr運賃の割引を受ける際に必要になる、第1種と第2種という区分があります。 身体障害者手帳、療育手帳の「旅客鉄道株式会社旅客運賃減額」という欄に記載され … 療育手帳とは? 「療育手帳」とは、知的障害者、知的障害児に発行される障害者手帳で、知的障害のある方が療育などの補助を受けられるよう、様々な制度やサービスの利用をしやすくすることを目的に発行されている手帳の事です。 発達障害児の療育手帳交付で感じたメリット・デメリット|申請から交付までの流れをまとめました. 障害者手帳には身体障害者手帳、精神障害者保健福祉手帳、療育手帳(智的障害者) と3種類ありそれぞれ更新の流れが異なってきます。障害者手帳は更新しないと、取り消しとなる場合もあるためそれぞれの更新先、必要な書類、期間を把握しておきましょう。

知的障害は先天性の疾患として考えられており発症日は出生日となります。 その為、療育手帳の写しを初診証明に変えて請求することができます。 また、20歳になるまでは年金への加入義務はないので、納付要件についても考えなくて良いことになります。 私の娘は幼稚園の時に広汎性発達障害と診断されましたが、知的障害はなくグレーゾーンだったため、療育手帳は交付していませんでした。 「療育手帳」とは、都道府県や政令指定都市・中核市などの自治体が、知的障がい児・知的障がい者に交付する手帳です。 療育手帳の制度は、ほかの身体障害者手帳や精神障害者保健福祉手帳と違い、 法で定められた制度ではありません 。 知的遅れのないグレーゾーンと呼ばれる発達障害児は“療育手帳”を申請しても、なかなか受け取ることができません。 けれども最近は診断書に社会適応の困難さが明記されていれば、アスペルガー症候群でも“精神障害者保健福祉手帳”が出る方向になりつつあります。 療育手帳の申請及び判定の方法 知的障害と療育手帳について 「療育手帳」は、知的障害により日常生活や社会生活において制約がある方に、いろいろな支援を受けやすくするために交付しています。 療育手帳(知的障害児(知的障害者)の福祉向上を目的として、一貫した指導や相談を行い、各種援助を受けやすくするために発行される手帳)の概要、申請と判定、交付後の手続き、メリット、発達障害で療育手帳が取得できるかについて解説しています。