このサイトでは「総合診療医」に関する情報を様々な角度からお届けします。総合診療医の必要性、今後の可能性をはじめ、今、最前線で活躍する総合診療医たちがどのように自分の道を決め、どんなキャリアを歩んだのかなどリアルな情報を発信しています。

資格等:医学博士(千葉大学大学院医学研究院臨床推論学 (現 診断推論学)修了) 日本 内科学会指導医・総合内科専門医.

新専門医制度の19ある基本領域のひとつとして位置づけられた「総合診療専門医」。これは、患者さんの身近にあってなんでも気軽に相談できる医療(=「プライマリ・ケア」)が今後の日本の医療にとって重要だと考えられていることの裏付けでもあります。 日本プライマリ・ケア連合学会認定医・指導医・代議員 日本内科学会認定制度研修カリキュラム 2011 作成委員. (1)日本プライマリ・ケア連合学会認定のプライマリ・ケア認定医、及び家庭医療専門医 (2)全自病協・国診協認定の地域包括医療・ケア認定医 (3)日本病院総合診療医学会認定医 (4)日本内科学会認定総合内科専門医

総合診療専門医は、2013年4月の「厚生労働省 専門医の在り方に関する検討会報告書にもとづき、総合診療領域を「基本領域」として加えること、専門医の名称は「総合診療専門医」とし、19番目の基本領域として養成することとされた。

太田 光泰教授 横浜市立大学 平成5年卒業.