自動車税を支払った場合の勘定科目は、租税公課になります。 法人税・住民税・事業税・所得税・消費税以外の税金の支払につきましては、 租税公課として処理すればいいんだなと覚えてお … 以下の適切な勘定科目を教えてください。 1.会社から出るゴミの処理料(処理会社と契約し自動引き落とし) 2.法人県民税の過払い分が還付されたのですが、還付金の勘定科目 以上よろしくお願いしま … 年単位で支払うものに、自動車税(軽自動車税)があります。4月1日時点の車の所有者に対し、4月~3月までの1年間の自動車税の納付書が届きます。これは、車検時に支払う重量税と一緒に自動車重量税とも言われます。

還付加算金を受けた場合の勘定科目は、雑収入になります。 還付加算金は、中間法人税等又は中間消費税等を支払い過ぎた場合等に、 還付を受ける金額に付随して支払われる利息的な性格のものになります。 ですので、営業外収益として雑収入として処理することになります。 自動車保険の【チューリッヒ】公式サイト。自動車税は還付(返金)を受けられるのかご説明。自動車税、自動車重量税の還付(返金)のしくみや手続き方法、自賠責保険の解約返戻金、個人事業で車を利用する場合の必要経費の勘定科目・仕訳もご説明。 事業を行うと税金のほかにさまざまな費用が発生します。自動車税も税金の1つですが経費として落とせるのか、経費で落とせる場合、使用する勘定科目や仕訳処理はどのようになるのか。知っておかないと損をする自動車税に関する知識を幅広く解説します。 【税理士ドットコム】経理仕訳で、普通法人の自動車税還付がある場合は、当事業年度納付の還付なら租税公課勘定(経費)の戻しで、そうでない場合は雑収入(収入)で計上すれば良いのでしょうか。もしくは全て租税公課の戻しにすべきでしょうか。 皆さんの中には確定申告時、自動車税の勘定科目がわからず経費として落とせるかやどのように計算すればいいかわからない方もいるでしょう。今回の記事では確定申告時の自動車税の勘定科目や計算方法、個人事業主やサラリーマンの場合などを解説していきます。 個人事業主や法人の経理では、経費の把握が大切です。ここでは、自動車を持っていれば毎年かかる自動車税は経費になるのか、仕訳や勘定科目はどうすればよいのかを見ていきます。合わせて家事按分の考え方や消費税の処理についても、基礎知識をおさらいしましょう。
廃車の還付金とはどの様なものがあるのか? 廃車手続きをすることによって、自動車税・重量税・自賠責保険などの還付金を受け取ることができます。乗らなくなった車を置いたままにしておくより、少しでもお金にしたいですよね。 こちら […] おそらく、預金利息に対する国税15%の所得税について、法人の所得が出ていれば、法人税額から控除すべきものですが、所得金額が0又は赤字の時は、この分は還付される事となり、その場合は、前のご質問の通りの表示で、源泉所得税と言う表現が使われます。 決算で算出された法人税の仕訳方法はどのようにしたらいいのでしょうか? 法人税が還付されたときの仕訳方や勘定科目とは? 法人税は租税公課に含まれる?租税公課となるもの、ならないもの違いについて紹介いたします。

自動車重量税を支払ったときは、租税公課勘定(費用)の借方に記帳して費用計上する。 [経済]簿記勘定科目一覧表(用語集) 勘定科目を体系的に分類し、仕訳の仕方等を解説した会計の実務的マニュアル …