ひさびさに予防接種のお話ですよ〜! 本日のテーマは「髄膜炎菌ワクチン」です! 髄膜炎菌?なんじゃそりゃ。聞いたことないぞ。 そうですよね、私も聞いたことがなかったです。 なんとつい最近厚生労働省が使用を承認したというホットなワクチンです。 メナクトラというワクチンです。 保護者の方へ 予防接種に欠かせない情報です。必ずお読みください。 Hib ヒブ ワクチン接種の説明 1.乳幼児の細菌性髄膜炎とHib ヒブ (インフルエンザ菌b型) ①体の中で最も大切な部分ともいえる脳や脊髄 せきずい を包んでいる膜を髄 ずい 膜 まく 日本では年間10~20例ぐらいですが、世界では年間50万例発生している髄膜炎菌による髄膜炎。海外旅行時には注意が必要ですし、いつ日本で流行するか判りません。髄膜炎菌による髄膜炎の症状と、髄膜炎菌ワクチンでの予防、副作用について解説します。 定期・任意予防接種スケジュール予防接種法に基づく定期の予防接種は、本図に示したように、政令で接種対象年齢が定められています。この年齢以外で接種する場合は、任意接種として受けることになります。ただしワクチン毎に定められた接種年齢 赤ちゃんが受ける予防接種には種類がたくさんあり、スケジュールを組むだけでも一苦労。そんなときに疑問にあがりやすいのが「任意予防接種」の扱い方です。接種するかどうかは親の判断次第なので、受けるべきかどうか悩んでしまう人も多いと思います。