他事の言語や行動を真似してみる。 → 「これは だよ」と物の名前等を丁寧に伝え、発語を促す。 ☆ 2 歳 1 ヶ月男児. 1歳児の指導案 「保育所保育指針」によると、1歳以上3歳未満児の保育のねらいは以下のように定められています。 ポイントは、運動機能・身体機能の発達と言語表現のはじまりです。 このポイントを中心に保育指導案を作成しましょう。 3月の月案文例(1歳児・評価・反省) 3月に入り、発熱する子が増えて欠席者が多い1週間があった。 体調を見ながら戸外と室内に分かれて過ごし、検温・機嫌・食欲などを保護者と伝え合いながら、様子を見守ることができた。 衣服や靴の着脱に挑戦する。 →必要に応じて援助し、よく褒めながら自信に繋げていく。 ☆2歳3ヶ月 女児. ☆ 2 歳 3 ヶ月 男児. ☆2歳3ヶ月 女児. 【1歳児】3月の月案 の書き方や記入例 文例集 子どもの姿 戸外で遊ぶ中で、風やこの葉など、春の暖かさを感じていく いる他児や保育者とごっこ遊び等をし言葉のやり取りを楽しむ。 保育を行っていくにあたり、必要不可欠な指導案ですよね。 また、子どもの成長を支えていくうえでは、家庭との連携もとても大切ですので、そのあたりについてもしっかりと考えて計画をしていきましょう。 保育の月案【1歳児】の書き方について